ご自慢の製品をレビューさせてください。お問い合わせはこのバーをクリック。

【レビュー】MX MASTER 3SとMX ERGOを比較【腱鞘炎もち】

  • URLをコピーしました!
ちから

ちから(@insNote_C)です。

2022年6月に販売されたMX MASTER 3S。

1番のメリットは静音クリック。僕もそれ目当てで買いました。

所詮クリック音、されどクリック音。

このクリック音は結構大事だったことに驚かされました。

ちなみに、僕腱鞘炎持ちなんですよ。

で、ずっとMX ERGOを使っていて久々に手首を動かすマウスを購入し、怖かったんですが数日使ってみてどうだったのかも検証しました。

MX MASTER 3SかMX ERGOか。

どっちか迷ってる・MX MASTER 3Sって実際どうなの?という人にぜひ読んでほしい記事です。

目次

MX MASTER 3Sのデザイン

MX MASTER 3Sは同社のMX MASTER 3とデザインは何も変わりません。

変わったのはクリック音とDPI精度。

エルゴノミック形状だそうで、1日快適に作業することができるだそう。

MX MASTER 3Sレビュー

ええやん。MX MASTER 3S!

まずは個人的に感じたメリット・デメリットをまとめました。

ちなみに「デザインがいい」とかそんなどうでもいいことは書いてません。

「使ってみてこうだった」ということを書いています。

メリットデメリット
手首が痛くならない
LOGI BOLT対応の恩恵がすごい
DPI精度が向上したのが良い
クリック音はWEB会議でも聞こえない(らしい)
高速スクロール要らぬ
手が小さい人に不向き
ジェスチャー機能使いづらい

では順に説明していきますね。

メリット

メリットは以下の通りでした。

  • 手首が痛くならない
  • カスタマイズ機能が便利
  • DPI速度が向上したのが良い

手首が痛くならない

冒頭でもお伝えしたように、僕は腱鞘炎もちです。

キーボードを打っているだけで結構手首がつらくなります。

なので普段は手首にサポーターをしながら打ってます。

それくらい腱鞘炎にとってPC作業は死活問題。

ちから

マウスを動かすなんて無理・・・と思ってました。

まぁ欲に負けて購入し使ってみたんですけど、良いですね。

手首が痛くならない。

初めは少し動かしただけでも「あ、これ痛くなるやつかも。」と思いましたが、なんてことはない。

僕は本業8時間+副業で合計10時間以上はPCに向かい触っています。

マウス操作するときは多いのですが、一向に痛くならなかった。

これには僕自身驚きを隠せません。

ちから

さすが1万以上するマウス。
これで手首痛くなったら速攻売却していた。

手首が絶対に痛くならないというわけではありません。
あくまで僕が使った場合ですので、丸呑みしないようお願いいたしますね。

LOGI BOLT対応の恩恵がすごい

LOGI BOLT接続でカスタマイズできる

MX MASTER 3Sは前の機種と同じようにカスタマイズができます。

やり方は割愛しますが、LOGI BOLT対応した恩恵がかなりきているような感じがします。

なんでかって、MX ERGOは普通のUSBレシーバーでカスタマイズできます。

でも通信のせいなのかバグが多く発生していたんですよね。

ちから

カスタマイズしたボタンの割り当てが機能しない・再起動時にデフォルト設定になぜか戻っているなど。かなりストレス溜まる。

MX MASTER 3Sはそんなことなく、ずっと1回もバグを起こさずに割り当てたカスタマイズボタンが反応してくれています。

LOGI BOLTはカスタマイズしたのがバグることなく、ストレスフリー。

DPI精度が向上したのが良い

DPI向上したって意味なくね?

と思う人いるかもしれません。

まぁ27インチくらいまでのモニターしか使っていない人からすると、意味ないですね。

僕はウルトラワイドモニター使っているので、かなり役に立っています。

40インチモニターを使っている

MX MASTER 3Sは8,000DPIまで向上しています。

つまりマウス速度が上がったってことなんですけど、大きいモニターを使っている人にとってこれは便利。

端までちょっと動かせばビュンと飛んでいってくれます。

ちから

DPI精度が向上しかたら、最大に設定する。
つまり手首をあまり動かさなくても良いようになる。

スピードが早すぎてついていけないかもしれず、初めは慣れが必要かもしれません。

僕はMX ERGOでもMAXのDPI設定にしたいたので、そこまで違和感なく慣れるこができました。

DPI精度の向上は腱鞘炎もちにとって、手首をあまり動かさなくても良くなる。
ウルトラワイドモニター・デュアルモニター以上を使っている人にとって最高のご褒美である。

クリック音はWEB会議でも聞こえない(らしい)

僕はzoomやTeamsでWEB会議をする頻度が多いです。

で、MX MASTER 3Sが届いて初日に友人とWEB飲み会したんですけど、マウスのカチカチ音が全く聞こえなかったらしいです。

これには驚きました。まさか全く聞こえないなんて。

喋りながらだと聞こえない。お互い無言だと微かに「なんか押してる?」と感じる程度だそう。

MX MASTER 3Sをクリックするとポコッポコッと何とも言い難い音が鳴っています。

その音すら聞こえないらしいです。

ちから

クリック音好きな人もいるんでしょうけど、僕はキーボードの音は許せてもマウスのクリック音は許せない派です。なので、静音になったのは嬉しいね。

デメリット

デメリットは以下の通りでした。

  • 高速スクロール要らぬ
  • 手が小さい人に不向き
  • ジェスチャー機能使いづらい

高速スクロール要らぬ

高速スクロール使うことほぼありませんでした。

職業にもよるんでしょうけど、これ必要あるのか謎です。

「1秒で1,000行って誰得なの?」とずっと思ってます。

カスタマイズで超高速スクロールか1行ごとのスクロールか選べるんですけど、どっちも使いづらいですね。

青枠のところでスクロール速度について選べる
ちから

Magic Mouseみたいなヌルヌルしたスクロールに慣れてる人はまじでストレス溜まるかも。

また通常のマウスのように少しづつスクロールするのに慣れている人の同様です。

MX MASTER 3Sも一応普通のスクロールできるんですけど、少し力が加わると超高速スクロールなるので困りますね・・・。

超高速スクロール要らぬ!
普通のスクロールに慣れている人は慣れるのに手こずるかも。

手が小さい人に不向き

ちから

僕の場合は指が短いんですけどね。

手にフィットするように作られていますが、手が小さい人には不向きなのかなと思います。

理由はスクロールしにくい!これだけです。

この短い指(ドヤっ)
スクロールしにくい・・・。
一応指は届くけど・・・・。

どういう事かと言うと、スクロールボタンに指は届くのですが、ボタンにフィットせず爪に引っ掛けてスクロールしている感じになります。

ダウンのときは何の問題もないんですが、アップのときに爪に引っ掛けるようにしています。

爪で引っ掛けてスクロールするの辛い・・・。

こうしないとうまくスクロールできないんですよね。

指が短い人・手が小さい人は違和感があり、手にフィットしないかも。

ジェスチャー機能使いづらい

青丸で囲ったところにボタンがある

MX MASTER 3Sにはジェスチャー機能と言って、親指を載せるところにボタンがあります。

これのことですけど、正直これ使ってません。

なぜこんなところに付けたのか・・・・。

これならサイドボタンを増設してくれた方がよかったかな。

多くの機能を取り入れようとした結果こうなったのかもしれないですが、役に立ってません。

ちから

僕の指が短いものあって、届きにくい。

ジェスチャー機能ほぼ意味なし。

指が長さに自信ある人は重宝する機能かもしれませんね。

MX ERGOとMX MASTER 3Sを比較

どっちの方がええんや?

MX MASTER 3SとMX ERGOどっちの方が使いやすいか。

トラックボールかマウスか。

手首の負担の少なさか、デザインを取るか。

迷いますよね。

では比較していきましょう。

デザイン

後ろ
正面

デザインが横幅や縦幅、奥行きとほぼ変わらない大きさでした。

見た目だけで言えば、MX ERGOはどっしりしているのに対し、MX MASTER 3Sはスマートさがありますね。

マウスはデスク置く上で目立つ存在となりますので、デザイン性が重要ですよね。

ちから

どちらが好みかは人それぞれかもしれませんが、個人的にはスマートなMX MASTER 3Sが良いな。

使い心地

手のフィット感

MX MASTER 3S
MX ERGO

フィット感はMX ERGOの圧勝だと感じました。

腱鞘炎になっていても使えるくらいに、手首に負担がかからないように設計されているのはさすがです。

一方MX MASTER 3Sは日本仕様ではないからか、大きめの作り。

指が思うようにフィットせず、馴染むまでに時間がかかりました。

MX ERGOは手を添えた瞬間に「あ、これすごくフィットする!良い!」となりましたが、MX MASTER 3S「んー、ちょっと大きいかな。」と思った部分があります。

ちから

手のフィット感をもとめるならMX ERGOの圧勝。

どっちが使いやすいか

それぞれの機能を活かし、操作性を実験

MX MASTER 3S
MX ERGO

MX ERGOの場合

マウスを動かさず操作できるのは本当に手首に良い。

トラックボールを初めて操作する人にとって、初めは慣れないかもしれませんが1時間もあれば僕は慣れました。

またカスタマイズボタンが4つあるので、MX MASTER 3Sを同じようにタブの切り替え、コピー&ペーストなど様々な割り当てが可能です。

ただし、USBドングルで不具合が発生するときもあり。

またトラックボールは定期的に掃除をしなければ手垢などでマウスポインタが挙動不審になる。

操作性は快適だが、USBドングルの不具合と小まめな掃除が面倒に感じた。

MX MASTER 3Sの場合

フィット感はイマイチ。

スクロールがうまくできず、また高速スクロールを使いこなすのが難しい。

しかし腱鞘炎持ちでも手首の負担が少なく、1日10時間触っても手首が痛くなることはなかった。(僕の場合であり、絶対手首が痛くならないわけではない。)

DPI精度が向上しているので、ウルトラワイドモニターでも端から端まで、マウスをあまり動かさず操作できるのは嬉しいポイント。

カスタマイズもLOGI BOLTのおかげか不具合なく、スムーズに操作できている。

さらにクリック音もかなり静か。

個人的に「キーボードの音は許せるけど、マウスのカチカチ音は許せない対応」なので、これは本当にありがたい。

一方で、親指付近にあるジェスチャー機能のボタンは押しづらいので、ほぼ使うことがない。

小さいことだが、フェルト生地のデスクマットで安いものを使っている人にはひっかかりを感じる。

LOGI BOLTで快適な操作が可能。しかし人によっては手にフィットせず、スクロールがしにくく感じる。

結論

僕が出した結論から言うと、MX MASTER 3Sを使います。

理由は、【MX MASTER 3Sでも手首が痛くならなかった・不具合がなく快適に操作できる・妥協できる範囲のスクロールのしにくさ・デザイン】の4つの点で選びました。

少し慣れが必要ではありますが、この記事を書いている合間にどんどん触っていると、だいぶ慣れてきました。

ちから

慣れるのに時間はかからないね。

クリック音が小さくなったのは結構嬉しいポイントですね。

WEB会議が多い人でも安心して使用できます。

MX MASTER 3S
評価:
Amazonなら9%オフ!/
¥14,960-
コメント
腱鞘炎持ちでも安心して使うことができた。LOGI BOLT対応で不具合なくずっと快適に操作できるのは嬉しいポイント。

まとめ

では以下まとめです。

MX MASTER 3Sのメリット・デメリット

メリットデメリット
手首が痛くならない
LOGI BOLT対応の恩恵がすごい
DPI精度が向上したのが良い
高速スクロール要らぬ
手が小さい人に不向き
ジェスチャー機能使いづらい

MX ERGOかMX MASTER 3Sどっちを買うべきか。

MX MASTER 3S
評価:
Amazonなら9%オフ!/
¥14,960-
コメント
腱鞘炎持ちでも安心して使うことができた。LOGI BOLT対応で不具合なくずっと快適に操作できるのは嬉しいポイント。

今回恐る恐るMX MASTER 3Sを購入したのですが、買って正解。

デザイン良し・不具合なし・多くのカスタマイズ機能。

これから愛用していこうと思います。

ちから

MX ERGOからの乗り換えだけど、快適に操作できてよかった。
でも手のフィット感をもとめるならMX ERGO一択!

海外でも人気なMX MASTER。

また一歩海外デスクに近づいてしまった!

ではでは。

お願い

ちから

僕のTwitter@insNote_Cでは、珍しいガジェット製品や王道製品、デスク周りや部屋のインテリアまで幅広く投稿しています。是非フォローを宜しくお願いします!

ぽちっとしていただけると幸せです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローお待ちしております。

インズノート | 僕、最強だから。 - にほんブログ村

愛用品を投下中。

プロモーション

WordPressテーマ「SWELL」

17,600円(税込)

圧倒的な使い心地を追求しているWordPressテーマ。ブログはもちろん、コーポレートサイトも簡単に作成が出来ます。ブロックエディター完全対応。一回のお支払いでOK。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット大好き30代。
デスク周りのガジェットからインテリアまで幅広く紹介しています。
SNSではリアルタイムで買ったよかったものを発信しています。

コメント

コメントする

目次
トップ
目次
閉じる