\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

【レビュー】BESTISANスピーカーSR01の音質が価額以上だった

  • URLをコピーしました!
ちから

ちから(@insNote_C)です。

「ブックシェルフスピーカーなんて机に置いたら邪魔なだけ」と思ってました。

けど、映像クリエイターであるAUXOUTさんのデスクツアーをみてから「なにこのスピーカー可愛い!」と思い、Amazonで調べてみたんですよね。

そうしたら10万円超えの超高級スピーカーだたんですよね。↓

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

AUXOUTさんのデスクツアー

で、「こりゃほしいけど、高いわ・・・。」と思いAmazonで検索をしていると、BESTISANに出会ったんですよね。

見た目完全にGENELECに似ていています。

けど、レビュー評価も当時は満点のだったので、「そんなにええのか?」と思いながら、Amazonでおすすめに上がってきて見た目も可愛いし購入。

ただBESTISANのスピーカー、米国で販売されている型番はSR06なんですけど、なぜか日本ではSR01にされています。

謎。

ですのでこの記事では製品の型番である06と表記し、(01)とも表記しています。

ちから

それにしても、形は完全にGENELECに寄せてるよね。

届いて早速開封、設置して音楽を聴いてみると、中々に音質が良いではないか。

ということで、これをぜひ世に広めたいのでレビューしようと思った次第です。

目次

BESTISANスピーカー SR06(SR01)のスペック

見てこの素敵なデザイン!

通信方式にBluetoothを搭載していますのでありがたい。

ブックシェルフ型でBluetoothを搭載しているのは少ないですからね。

しかも出力は光デジタルも搭載していています。

光デジタルは、音の老化が小さくアナログケーブルと比較して高音質なのがメリットです。
デジタル方式で音のデータを送るため、磁気の影響を受けずノイズが生じにくいの特徴。また通常ケーブルは長いほど抵抗値が大きくなりノイズがでやすくなります。
それに比べて光デジタルはケーブル長さによる影響が受けにくいとされています。

仕様詳細
ドライバー1.25インチ径ツイーター+3インチ径ウーファー
出力60W
再生周波数帯域45Hz – 20KHz
S/N比85dBA
インターフェイスRCA/光デジタル(32bit/192kHz対応)
通信方式Bluetooth 5.0
コーデックSBC
サイズ幅127x高さ190x奥行き114mm

BESTISANスピーカー SR06(SR01)レビュー

まずはメリット・デメリットをまとめましたので見てください。

メリットデメリット
コンパクトで場所を取らない
GENELECに似ていてデザインが良い
接続方式に光デジタルがある
リモコン付属で直感的に操作しやすい
見た目がチープ
RCA入力だと音が割れる
Bluetooth時に音が途切れる時がある
光デジタル入力で強制的に映画モードになる

光デジタル入力があるのか個人的に嬉しい。この価額で光デジタル入力を搭載しているブックシェルフ型スピーカーは、「おそらくこれだけじゃないか」と思っています。

ではメリット・デメリットを詳細に書いていきます。

メリット

メリットは以下の通りでした。

  • コンパクトで場所を取らない
  • GENELECに似ていてデザインが良い
  • 接続方式に光デジタルがある
  • リモコン付属で視覚的に操作しやすい

順に書いていきます。

コンパクトで場所を取らない

非常にコンパクトな設計

幅127x高さ190x奥行き114mmなので、140cmのデスクに置いても圧迫感のない見た目です。

僕は180cmのデスクに40インチモニターを使用していますので、寧ろ小さすぎなくらい。

かなり小ぶりなデザイン
ちから

それほど見た目はコンパクトに出来ているのに、音質がいいとか最高かよ。

GENELECに似ていてデザインが良い

この見た目、完全にGENELECをパクっ(以下略)。

10万円超えのGENELEC製品以外でこんな可愛い見た目のスピーカーを調べてみたんですけど、見つかりませんでした。

ブックシェルフスピーカーは見た目がゴツいので、デスクに置くのには結構な勇気がいりますからね。

それに比べると、安価でこの見た目なのはテンション上がります。

ちから

まぁそう言いながら僕はゴツいスピーカーを後日に買ったんだけどね。(後日レビュー予定)

接続方式に光デジタルがある

青枠のところが光デジタル

ブックシェルフスピーカーで光デジタルを搭載しているスピーカーって本当にないんですよ。

ほとんどがRCA入力。

光デジタルが搭載されているモデルの値段は大体5〜6万くらいするので、この値段で搭載されているのは本当にありがたい。

「光デジタルってなんじゃそれ」って思ってたけど、これがまたいいんですよね。

遅延や音割れがないのがストレスフリー。

ちから

ブックシェルフスピーカーに数少ない光デジタル入力はたいへん貴重。
しかも1万円を切る価額。

RCA入力はケーブルが長いほど、ノイズが発生しやすい。
それに比べて光デジタルだと、どれだケーブルが長くてもノイズが発生しにくい構造になっています。

ちなみに・・・・

光デジタル入力ってテレビみる時にしか使わないいうイメージがあると思います。

しかしBelkin製の Belkin SOUNDFORM CONNECTを使えばAirPlayが出来るようになり、音楽をより楽しむことができます。

 Belkin SOUNDFORM CONNECT AirPlay2対応

「光デジタル対して使わないしな。」「Bluetooth接続毎回面倒くさい。」と思っている方は購入して、音楽をより楽しむましょう!

ちから

ちなみに僕はRCAの接続と、光デジタル入力を使い分けています。
MOTU M2RCA端子を繋いで音楽を聴くことが多いかな。

リモコン付属で直感的に操作しやすい

BESTISANスピーカー SR06(SR01)はリモコンが付属しています。

ブックシェルフスピーカー初心者の方でも簡単に操作することが可能。

リモコンがあると、手元で操作できるし便利。

これもブックシェルフスピーカーにはあまりない付属。

様々な機能がある

リモコンで出来る機能

機能ボタン
電源を切る赤丸ボタン
音を消すMUTE
音量調節VOL+
曲再生・飛ばし・早送り<>・▶︎/||
高音域調節TREB+
TREB-
低音域調節BASS+
BASS-
全ての設定をリセットRESET
モード変更MOVIE・MUSIC・DIALOG
接続方法BT・OPT・RCA

高音域・低音域をボタンで直感的に操作できるのは良いですね。

±4段階の調節ができるようになっていますので、自分好みの音にすることができますよ。

他にも曲の再生・停止・飛ばしもボタン1つで行うことができます。

曲の飛ばし・早送りはRCA入力していると出来なず音量ボタンとして認識されますので注意。

デメリット

デザインは可愛いんだけど・・・

デメリットは以下の通り。

  • 見た目がチープ
  • RCA入力だと音が割れる
  • Bluetooth時に音が途切れる時がある

順に書いていきます。

見た目がチープ

明るいとチープ感が際立ってる

値段なだけに見た目は結構チープです。

外装は薄いプラスチックで覆ってるみたいです。

またスピーカーの側面に繋ぎ目があるんですけど、これが尚更チープ感を出してしまっているのが残念。

これはいただけない

側面は気にならないと思いますが、明るい部屋でずっと作業する人にとってこのチープ感は気になると思います。

RCA入力だと音が割れる

普段はMOTU M2に接続している

RCA端子が悪いのか、それともBESTISANスピーカー SR06(SR01)の性能なのかはわかりませんが、大きい音を出すと割れるときが多々あります。

普段そこまで大きい音を出さない人であれば、気になりませんが音楽を爆音で楽しみたい人にとってはこれは致命的なので買わない方がいいでしょう。

ちから

今度試しに良いRCA端子を購入し検証してみようと思いますので、後日追記させていただきます。

Bluetooth時に音が途切れる時がある

僕はデスク周りにいくつもBluetoothを接続しているガジェットを置いています。

そのせいなのかBluetoothで接続した音楽を聴いていると、途中で途切れることがあります。

中々のストレスになりますので、あまり使ってません。

まぁ最もな理由はMOTU M2で音楽を聴きたいからなんですけどね。

MOTU M2の液晶が光っているのがカッコよくてわざとRCAで聞くことが多いです。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

光デジタル入力で強制的に映画モードになる

光デジタル入力で強制的に映画モード・・・。

リモコンには映画・音楽・声の3種類があるんですが、なぜか光デジタル入力すると強制的に映画モードになります。

ですので、音楽で光デジタルを聴く場合はリモコンでいちいち音楽モードに変更しなければいけません。

ちから

ちなみにスピーカーの電源を切って再度光デジタルに接続しても映画モードになります。リモコンでワンプッシュだけど、面倒といえば面倒かな。

BESTISANスピーカー SR06(SR01)の音質

HomePod miniと比べてみると、素人でも音質の違いがわかる

中音域はクリアで低音は箱鳴りとパスレフポートをうまく利用している感じがします。

パスレフポートとは?

バスレフ型のスピーカーに設けられた穴。ボックス内の反響によって増強された低音を出すためのもの。バスレフダクトとも言われています。

この穴のこと

高音低音共にリモコンで調整可能なので、自分の好みの音にすることができるのが最高。

ちから

個人的にはもう少し低音が欲しかったかな。
リモコンでマックスに設定しても若干物足りない。

BESTISANスピーカーを安く買う方法

Amazonをよく利用する方ならAmazonギフト券がお得です。

チャージ額に応じてポイントが加算されますので、年間で数万円浮かすことも可能です。

しかもポイントの期限は10年間ですので、猶予はかなりあります。

ポイントをかなり貯めて大きな買い物をするのも良し、1年間のご褒美でセール時にたくさんポイントで買い物するのも良し。使い方はあなた次第です。

Amazonギフト券でチャージするのがお得な理由

チャージ額に応じてポイント還元率が高い。最大で2.5%還元されます。
Amazonをよく利用する方なら、年間で数万円お得になる可能性もあります。

Amazonギフト券のポイント還元率

一回でのチャージ金額プライム会員通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

まとめ

Philips hueとの組み合わせは最高ですよ

ではおさらいです。

メリット・デメリット

メリットデメリット
コンパクトで場所を取らない
GENELECに似ていてデザインが良い
接続方式に光デジタルがある
リモコン付属で直感的に操作しやすい
見た目がチープ
RCA入力だと音が割れる
Bluetooth時に音が途切れる時がある
光デジタル入力で強制的に映画モードになる

音質

  • 高音域も低音域も自分の好みに設定できるので良し
  • 中音域はかなりクリアで聴いていて心地のいい音。

安く買うにはAmazonギフト券で購入する

一回でのチャージ金額プライム会員通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

明るい場所でみるとチープ感はありますが、音質は想像の10倍以上よかったですね。

HomePod miniと比べると明らかに違いが出てきてびっくりしました。

「スピーカーだけでこんなにも音変わるんだな〜。」と感心しましたよ。

スピーカー沼にハマる人の気持ちわかった気がします。

ちから

1万円以下で光デジタル入力搭載、音質もリモコンで自分好みに設定できるこのスピーカーを買ってよかった。「購入してよかったもの」の5本指に入る。

ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

飽き性でよく模様替えをするガジェット・インテリア大好きなエンジニア。
デスク周りのガジェットから小さいインテリアまで幅広く記事で紹介しています。
SNSではブログで紹介していないガジェットやインテリアを載せたりしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次