\ ポイント最大10倍! /

Centerpieceのスペックを全網羅:ディスプレイ内蔵キーボード

  • URLをコピーしました!

ガジェット・インテリア大好き ちから(@insNote_C)です。

Finalmouse ファイナルマウスが手掛けるキーボードにディスプレイを内蔵した「Centerpiece」が販売されることがわかりました。

今わかっている情報について網羅していこうと思う。

目次

販売時期について

販売は2023年初旬としており、具体的な日付は指定されていない。

またCenterpieceは数量限定販売されると示唆されており、販売台数は15,000台となっている。

Finalmouseはこれまで、マウス表面にハニカム構造で革新的なモノを販売してきていますが、数量限定販売のものが多いので、今回もそれになる可能性は高い。

スペック


接続USB Tyoe-C(有線)
ディスプレイ独自開発Laminated DisplayCircuit Glass Stack (LDGS)
映像専用スキンが必要
キースイッチGateronと共同開発
価格349ドル
公式サイト

ディスプレイにはFinalmouseが独自開発したLaminated DisplayCircuit Glass Stack (LDGS)というものを使用しており、このディスプレイにCPUとGPUを内蔵しているのだそう。

これにより、PCに負荷をかけることなく、美しい映像を流せるようになっている。

Unreal Engine 5を用いたインタラクティブなスキンも用意しており、キー入力に応じた映像エフェクトも楽しめる仕様となるようだ。

映像はただ単にPCからダウンロードをしたもの全てを使用できるというわけではなく、Steamで配布されるアプリから導入できるとのこと。

ユーザーのスキン作成や販売もできるようになり、映像はディスプレイに3つまで保存することができるので、気分によってホットキーで映像切り替えができるようになるそうだ。

専用スキン画面

キースイッチにはルブ済みリニアメカニカルスイッチを採用。

Gateron BlackInkスイッチをベースに、アクチュエーションの高速化などわずかに調整を施しているのだそう。

また、ホールエフェクトアナログスイッチのオプションも用意しており、アクチュエーションポイントとリリースポイントの深さを調整できる仕様になるそうだ。

これが本当なら、ユーザーに適したスイッチとなるだろう。

スタンダードVer.も販売される見込み

今回のCenterpieceではどうやらファウンダーエディションとスタンダードエディション存在するみたいだ。

ファウンダーエディションは先ほど説明した通りのものだが、スタンダードエディションはグレードを落としたモノでこちらが普及されるようになる見込みとなっている。

スタンダードエディションについてのスペックは不明だが、主にキーボードフレームが銀色か黒色かといったことはわかっている。

まとめ

ティザー動画では大変美しい映像を観せ付けてくれてたが、実際に手に取った時「これじゃない」という経験を何度もしているので、そうならないことを祈るばかり。

詳細については下の動画で説明されているが、全て英語となっているので読めない人は、映像だけでも楽しんでほしい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHERE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

落ち着ける空間を考え、部屋の環境を頻繁に変えています。佇まいのいいモノが好き。2022年12月に月刊1.5万PV達成。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次