【ガジェットブロガー愛用】QOLが上がったモノまとめ

レビュー:FLEXISPOT E7とE8どっち買う?

ガジェット・インテリア大好き ちから(@insNote_C)です。

今や仕事する上で欠かせないモノになっている電動昇降デスク。

僕の電動昇降デスクはFLEXISPOT製のものをずっと愛用しています。

現在様々なメーカーから電動昇降デスクがでていますが、僕がFLEXISPOTが大好きな理由は、確かな品質と安心感

電動昇降デスクの先駆けの会社であり、流行らせたのもFLEXISPOT社。

そんな大好きのFLEXISPOTに最高の製品があるのご存知ですか?

FLEXISPOT E8というE7と比べてゴツさを排除した昇降デスク。

今回ご提供いただきましたので、余すことなくレビューしたいと思います。

どれ買えば良いか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね 。

FLEXISPOT製品の各スペックを知りたい人はこちら

FLEXISPOTは過去にセールをしていましたので、その際に書いた記事です。

こちらも参考にしてください。

目次

FLEXISPOT E7とE8のスペック

スクロールできます

FLEXISPO E7

FLEXISPOT E8
昇降範囲58〜123cm60〜125cm
脚幅調整範囲110190cm110190cm
耐荷重125kg125kg
昇降音普通静か
モーターデュアルデュアル
調整単位1mm1mm
昇降操作タッチパネルタッチパネル
カラーバリエーションブラック/ホワイトブラック/ホワイト
脚フレーム四角形楕円形
搭載機能高さ記憶
操作ロック
障害物検知 (自動停止)
高さ記憶
操作ロック
障害物検知 (自動停止)
USB-Aポート
対応天板サイズ幅:120~200cm
奥行き:60~80cm
厚み:≥2cm
幅:120~200cm
奥行き:60~80cm
厚み:≥2cm
天板オプション脚のみ
長方形天板
天然竹天板
カーブ型天板
脚のみ
長方形天板
天然竹天板
カーブ型天板 
価格57,200円〜66,000円〜
リンク購入する購入する
 

FLEXISPOT E7ちと違う部分は昇降範囲とデザインくらいであとはほぼ同じです。

価格はE7の方が8,800円と安くなっているので、安さを求めるならE7で十分といったところ。

じゃあE8の何がそんなにもいいのか詳しく書いていきましょう。

FLEXISPOT E7とE8の違い

違いは大きく分けて4つ。

  1. 重量
  2. 昇降範囲
  3. 脚フレームの形
  4. リモコンのUSBポートの有無

E7の見た目はゴツく、E8よりも重量がありそうですが、E7は32.1kg、E8は32.7kgとゴツいフレームのE7の方が若干軽いので心配はいりません。

昇降範囲はE7が58cm〜123cm、E8が60cm〜125cm。

理想的な昇降範囲

身長160cm→約62〜69cm

身長170cm→約67〜73cm

たった2cmしか昇降範囲は変わらないと思いがちですが、この2cmの差は大きいので、小柄な人はE7を選んだ方が無難。

ただし脚フレームはE8がかなりスッキリして見えるので、「E8の方が好き。」と言う方は多い印象です。

またE8にはリモコンにUSBポートがついていますので、ケーブルをちょっとでも減らしたい方には最適ですね。

僕は使っていないので、用途にもよりますがここは重視する点ではないかと思います。

FLEXISPOT E8レビュー

天板はFLEXISPOTのグレーウッド

僕がFLEXISPOT E8を使ってみて感じたことは以下の4点。

  • たかが脚。されど脚。
  • ミリ単位の昇降が実に良い
  • 気分転換にはちょうど良い
  • 障害物センサーに依存しないこと

1つずつ紐解いてみましょう。

たかが脚。されど脚。

「ミニマムとか言われているけど、実際そんな変わらないだろ。」と思っていましたが、どうやら僕の大間違いでした。

脚の形状が丸みおびたデザインになるだけで、全体のスッキリ感は全く違いますね。

また頻繁に模様替え(デスクを動かす)人にとっては有難いデザイン。

万が一自分の体に当たっても痛みを軽減できます。

ミリ単位の昇降が実に良い

USBポートがあるのもいいね。

「何か最近、肩が凝りやすいな。」と1ミリでも思った人は昇降デスクをぜひ検討して欲しいですね。

自分の楽な体制にできる=昇降デスクが必須。

ベストなポジションな姿勢で作業をしたいのであれば、ミリ単位で調節する必要がありますが、FLEXISPOT E8はかなり役に立ちます。

昇降範囲は60cm〜125cmと小柄・大柄どちらの方にも適しています。

ちなみに下位モデルだと最小が73cm〜のモデルもあり、小柄な方には適していません。

FLEXISPOT E8は【デザイン良し・昇降範囲良し・幅広いデスクに対応良し】の3拍子。

気分転換にはちょうど良い

経っての作業は頭が冴える

ずっと座っているの疲れませんか?

僕はかなり疲れます。

椅子が悪いとかじゃなくて、ただ単に姿勢に飽きてくるのです。

ずっと座って作業していると背伸びしたくなるときありません?

それを解消できるのがFLEXISPOTちょっと疲れてきたなと感じたら、敢えて立ち作業。

定位置に上がりきる数秒までに若干の背伸びし、そのまま作業を再開。

集中力が途切れることなく作業ができます。

よく「昇降デスクで立ち作業はしない。」なんて言葉を耳にしますが、立ち作業はした方が良いですね。

健康面で良いとかじゃなく、頭が冴える。

これだけで充分買う価値はあるかなと。

障害物センサーに依存しないこと

これまでメリットをお伝えしましまが、注意点もあります。

障害物センサーに依存はしないこと。

これはFLEXISPOT E8に限らず全電動昇降デスクに言えることですが、「障害物センサーあるから大丈夫やろ。」は安直すぎます。

実際僕はカウンターをぶっ壊しそうになりました…。

画像

障害物検知の感度は3種類あり、最大感度にしていたのですが、過信しすぎていました。

カウンターの下にもぐりこませるように配置して、高さを合わせようとしたとき上がりすぎてカウンターに当たりました。

「メリメリメリメリィ!」

大きな音を立ててカウンターは昇降デスクにつられ、上に上がり始めました。

すぐに気付いて止めたから大事にはならなかったものの、これほどドキドキしたのは高校の時に先輩に呼び出された時以来です。(ケンカではありません)

と言った風に障害物検知機能に慢心してしまうと、僕みたいなことになりかねないので注意しましょう。

FLEXISPOT E8の評価 

FLEXISPOT E8
¥66,000
フレームのみ
重さ:32.7

筆者からの一言!

ちから

フレームが丸みを帯びているのは小さい子がいる家庭や、部屋全体を圧迫感から救ってくれる救世主!野暮ったさを無くしたいならこれ一択です。

まとめ 

FLEXISPOT E8
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 圧迫感をなくすデザイン
  • 電動昇降で気分転換に最適になる
  • USBポート付きでミニマムを極める
デメリット
  • 重い
  • 障害物センサーは万能ではない

今回紹介したFLEXISPOT E8は脚の丸みが最大の特徴。

「部屋を圧迫感見せたい!」という人にはかなり最適で、特にデスクメインにコーディネートしたいと思っている人にはかなり良い製品となるでしょう。

僕の場合は作業部屋のデスクではなく、リビングテーブルとして活用しています。

自身の最適な場所を見つけて電動昇降デスクを有効活用しましょう!

ではでは、今回はこの辺で…。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHERE

この記事を書いた人

インテリアとガジェットを嗜むアラフォー。
頻繁に部屋の環境を変えて、それを発信しています。平均月間5万人が訪れる個人ブログ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次