【ガジェットブロガー愛用】QOLが上がったモノまとめ

【レビュー】GROVEMADEのデスクシェルフを購入したが不満だった

ちから

ちから(@insNote_C)です。

海外みたいに「物をたくさん置いてるのにオシャレに見るデスク環境」を目指して早1年。

ようやく形になってきました。

2022年5月に念願のGROVEMADEのデスクシェルフなども揃えテンションが上がってます。

でも一つ不満にあることあるんですよね。

そんなわけで、GROVEMADEのデスクシェルフのレビューをしていこうと思います。

目次

現在のデスク環境

まだデスクはシンプルですが、結構こだわって整えていっています。

ちなみにデスクは完全にDIYで作成。

詳しくはまた別途記事を書こうと思います。

書きました↓

GROVEMADEを購入した経緯

柿元崇利さんの下記のツイートを拝見し、GROVEMADEに興味を持ったのがきっかけ。

そこから僕のフォロワーさんがこのブランドの「デスクシェルフを購入した」というツイートが多く見らたためデザイン良いし、僕も買おうかなと思い購入。

ちなみに初めて購入したのはもう1年くらい前です。

その時は現行モデルと違うデザインのものを使用していました。

実は結構前から愛用していた。

で、14インチMacBook Proが出てからGROVEMADEは新型のデスクシェルフ、つまり現行モデルのものを出しました。

他にもMagsafe充電器や、パームレストも一緒に購入。

想像以上にデザインは最高で、見てるだけで気分が高まります。

そんな至高のGROVEMADE。やはり不満(デメリット)はありました。

以下でその理由について書いていますので、購入前の参考にしてください。

GROVEMADEのデスクシェルフをレビュー

上記で「不満があった」と言ったのですが、結論から言うと以下の通り。

  • マウスがシェルフしたに仕舞えない
  • モニターアームに干渉する

これが結構ストレスが溜まる。

満足と言えば満足。けど、最高とは言い切れない。

そんな感じです。

外観

「言わずもがな」な良いデザインです。

旧型はハーフ2段型ですが、現行モデルはフル2段仕様に変更になっています。

初期型
現行モデル

ちなみに初期型のモデルは公式サイトで取り扱いがなくなりました。

新型が出ると同時に生産を辞めたみたいですね。

ちから

僕のフォロワーさんは「初期型の方が良かった」という意見が多かったです。

僕は右側にiPad mini6、左側にMacBook Proを仕舞っています。

実用性

デスクシェルフを置くメリットは以下の通り。

  • おしゃれ
  • シェルフ上に物を置けるので、デスクスペースの確保
  • キーボードなどを仕舞うことでスッキリした見た目になる

皆さんがデスクシェルフを置く理由は「デスクがおしゃれになるから」だと思います。

僕も最初おしゃれから入りました。

今はiPad miniやMacBookを仕舞っているので、ないと困る製品です。

iPad miniやコースターを仕舞っている。

またMacBookをシェルフ下に置けることは、かなり重宝します。

ただし16インチモデルだとはみ出しますので、お気をつけください!

この重宝する理由ですが、僕はエンジニアとして働いてまして「Teamsに接続しながら、PCを操作をする」ことが多々あります。

その際、普段使っているキーボードがメカニカルなので、相手にタイピング音が鳴り響き、かなり不快感を与えてしまうんですよね。

ですので、MacBook Proのキーボードを使うのが必須になってきます。

その時に、サッと取り出して使えて、サッと仕舞うことも出来るGROVEMADEはかなり重宝します。

机上に置いておくのは見た目美しなくないですし、デスク下やサイドに仕舞うのは出す時に出し入れが面倒くさいので、GROVEMADEの有り難みが身に沁みます。

すぐにMacBookを取り出せるのはありがたい。

GROVEMADEのデメリット

全体的に満足のいく製品ですが、僕はどうしても許せないことがあるんです。

それは「マウスをしまえないこと。」

これは本当に・・・・・ね。

まじか。
角度つけなくてもダメ
高さは上下共に約5cm

デスクマットに置いているキーボード類一式を直すときに、一々マウスをデスクマットから除外して仕舞うようにしなければいけません。

この動作が本当に面倒臭い。

「いっそのこと2段を外そうかな?」なんて思いましたけど、それだとGROVEMADEじゃなくても良いし、デザインも損なわれますし、MacBookやiPadも仕舞うことができません。

仕方がなく、これを使っているという感じ。

ちなみに僕はLogicoolのMX ERGOを使っているので、この現象が起きています。

おそらくMX Master系を使っている人も収納できない可能性が高いです。

ちから

Magic Mouseくらいミニマムなデザインマウスや、小型のマウスなら難なく仕舞えるはずですが、腱鞘炎持ちでトラックボールしか使えない僕からすると、本当に仕舞えるようにしてほしい!

MX ERGOやMX MASTER系だと収納できない。
もう少し高さが欲しかった。

モニターアームに干渉する

上記のツイート内容は、以前にKohさん(@misc_log)がGROVEMADEのデスクシェルフの導入を検討していたときの会話内容ですが、モニターアームに干渉します。

モニターアームの種類にもよりますが、エルゴトロンHXだと100%干渉します。
LXではギリ干渉しないといった感じです。

どのように干渉するの?

エルゴトロンHXは支柱がなく、可動域のアームが下から伸びていますので、デスクシェルフをアームの前に置いたときにモニターを前に出す範囲が狭くなります。

また、モニターアームの前にデスクシェルフを置くことで、デスク奥行きのかなり狭くなります。個人的には奥行き70cmあってギリギリなんじゃないかと感じました。

詳しくはKohさんが下の動画で詳しく語られていますので、参考にしてくださいね。

GROVEMADEよりも良さそうなシェルフを見つけた

下記のツイートをしたところ、たくさんのいいねをいただきました。

baloloというブランドですが、別途トレイを購入し、好きな位置にカスタマイズできる優れものです。

その他にもPCを収納できるツールや、HomePod miniの脚など、おしゃれなものがたくさん置いています。

僕は後々にこれに変更する予定です。

気になる人はぜひ覗いてみてください。

まとめ

おさらいです。

GROVEMADE Desk Shelf
総合評価
( 4 )
メリット
  • 天板の木目が綺麗
  • 安っぽさが一切ない至高品
  • 有線ケーブルのごちゃごちゃを隠せる
  • クラムシェルをしていてもすぐに取り出せる
  • iPadのなどの他ガジェットや専用トレーで小物類を隠せる
デメリット
  • 価格が関税や送料でかなり高い
  • モニターアームが干渉する恐れがある
  • デスク全体の奥行きがかなり狭くなる
  • 一部の製品のマウスがデスクシェルフに仕舞えない

GROVEMADEのデスクシェルフはMX ERGOのマウスは収納できないことをお伝えしました。

おそらくMX Masterも収納できないでしょう。

GROVEMADEのデスクシェルフはデザイン性が優れているけど、マウスが入らないのは本当に誤算だった・・・・。

他に良いデスクシェルフがあれば、ぜひコメントや僕のTwitterで教えてください。

僕はたまたま誤算がありましたが、モノ自体はすごくいいので、MX ERGOやMX MASTER 3S系などを使っていない人は、ほぼ確実に気に入る製品かと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHERE

この記事を書いた人

インテリアとガジェットを嗜むアラフォー。
頻繁に部屋の環境を変えて、それを発信しています。平均月間5万人が訪れる個人ブログ。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • Grovemadeのデスクシェルフに憧れて類似品をDIYしたことがある者です。
    厚さ5mmくらいの黒いゴム板を買ってきて高さ調整するという手もありますよ。
    15cm四方くらいのが安くホームセンターで手に入るので、
    それをカッターナイフでシェルフの足より少し細く短くカットすれば
    目立たずに底上げできます。ご参考までに。

    • なんと…!そんな手がありましたか!
      教えていただきありがとうございます。

      それならGROVEMADE、最高すぎる製品になりますね!

コメントする

CAPTCHA


目次