\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

【レビュー】AirPods Pro2とWF-1000XM4で比較してみた

  • URLをコピーしました!

ガジェット・インテリア大好き ちから(@insNote_C)です。

2022年9月23日に発売されたAirPods Pro第2世代。(以降AirPods Pro2と表記)

今回のAirPods Pro2で1番進化したのは、ノイズキャンセリングが最大で2倍になったという点。

僕はAirPods Pro第1世代・第2世代とずっと使ってきましたので、すでに様々な人がレビューしていましたので、SONYの人気機種WF-1000XM4と比較

僕の感想としては、結果の総合点数ではWF-1000XM4の方が優れていると感じました。

音質
AirPods Pro第2世代
WF-1000XM4
操作性
AirPods Pro第2世代
WF-1000XM4
装着感
AirPods Pro第2世代
WF-1000XM4
ノイズキャンセリング
AirPods Pro第2世代
WF-1000XM4

しかしノイキャンにおいては、AirPods Proが優れていて、電車の中や自宅・カフェなどで集中したいときなどに、かなり役立つ性能となっており使い勝手がかなり良かったので、ぜひ購入前の参考にしてください。

目次

AirPods ProとWF-1000XM4のスペック比較

スクロールできます

AirPods Pro第2世代

WF-1000XM4
通信機能Bluetooth 5.3Bluetooth 5.2
体感耐水性能耐汗耐水性能(IPX4)IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体:最大6時間
ケース併用:最大30時間
イヤホン単体:最大12時間
ケース込み:最大36時間
充電時間フル充電:使用充電器による 
5 分間充電(1時間の再生)
3時間(フル)/ 5分(1時間再生)
対応充電器Magsafe
Qi充電
Apple Watch充電器
Qi充電
ケースのサイズと重量高さ:45.2 mm
幅:60.6 mm
厚さ:21.7 mm
重量:50.8 g
高さ:39mm
幅:67mm
厚さ:28mm
約54g(イヤホン片耳:約7.3g)
価格39,800円
(2022年10月:Amazon調べ)
26,800円
(2022年10月:Amazon調べ)
購入する購入する
各製品の比較

AirPods Pro2は【コンパクト・操作性・ノイキャンの良さ】を重視している人に向いています。

iPhoneユーザーであれば、快適な操作性はそのままで、イヤホンをスワイプで音量調節ができるようになり、さらに利便性が向上しています。

スワイプで音量調節ができるようになったのはありがたい機能で、電車の中だと大抵iPhoneをいじっていると思うので特に気にしなくてもいいのですが、自宅やカフェで作業中にiPhone本体を触らなくても音量調節ができるようになるので、ちょっとした面倒が無くなります。

また、音質も向上しており、他の方のレビューでは「聴こなかった楽器が聴こえる!」なんて言われています。

僕の感想としては「え?そんなに違いあるの?」と思ったのが正直な感想。

詳しくは後述しますが、前作と比べてそこまでの違いは感じられなかったものの、低音が向上しているのはハッキリとわかります。

その威力はノイキャン時に発揮しており、低音がドンドンッと鳴り響きますので、低音が好きな僕としては嬉しい向上です。

AirPods Pro2は【コンパクト・操作性・ノイキャンの良さ】を重視している人向け!

それに対しWF-1000XM4は【音質・圧迫感のないノイキャン・バッテリーが長さ】を重視している人に向いている製品です。

AirPods Pro2は音質が前作よりも向上していると言えど、SONYのクリアな音質にはまだまだ及ばなと感じました。

特にノイズキャンセリング時の音質は顕著に違いがでてきており、AirPods Pro2は篭った音質ですが、WF-1000XM4はクリアで鮮明な音質です。

ロックな曲を聴く分には物足りない気がしますが、J-POPやクラシックなど、軽い音楽を聴くのに適しています。

アプリとの連携で低音を上げることも可能ですが、AirPods Pro2のように胸にくるような低音は期待できません。

WF-1000XM4は【音質・圧迫感のないノイキャン・バッテリーが長さ】を重視している人向け!

以上を踏まえて、実際に比較していきます。

AirPods ProとWF-1000XM4を比較

この見出しでは以下の項目に沿って、比較していきます。

  • デザイン
  • 持ち運び
  • 操作性
  • 音質
  • ノイズキャンセリング

デザインや持ち運びのところは、細かい部分を写真で伝えれるようにしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

デザイン

真上
背面

デザイン性はAirPods Pro2のスリムさが改めてすごく良いと感じます。WF-1000XM4と比べると尚更…。

それに比べWF-1000XM4のデザイン性はゴツさはあるものの、ドッシリとした重厚感が男心をくすぐります。

どちらも良いですが、後述する持ち運びにおいては圧倒的にAirPods Pro2の方が勝っているのはわかるかと思いますが、ポケットにイヤホンを入れる僕としては、想像以上にWF-1000XM4は持ち運びにくいと思いました。

ちから

スーツにWF-1000XM4なんて入れてたら、せっかくビシッと決まっていても全て台無しになるね。ダサすぎる。

持ち運び

持ち運びはAirPods Pro2の薄さに感動。

WF-1000XM4だけに限らずですが、最近のイヤホンケースは分厚すぎる。

全てAirPods Pro2くらいの薄さにしてほしいと切実に思うほどに、ポケットに入れると兎に角かさばる。

WF-1000XM4はそれが顕著に出ており、ポケットにいれて持ち運びするのは、どんなにおしゃれなファッションをしていようがコイツが入っているだけで本当にダサくなります。

スーツなんて着ていたらもう最悪です。スーツに似合うデザインなのにケースだけがネックすぎます…。

ちから

SONYさん、ケースの薄型の改良を真剣にお願いします。

取り出しやすさ

取り出しやすさはAirPods Pro2の方がまずかに取り出しやすいですね。

というのも、AirPods Pro2はイヤーチップ(ゴムの部分)を引っ掛けて取り出す方法もあるのですが、WF-1000XM4はイヤーチップが下向きに収納されていますので、それができません。

歩きながら取り出すとなるとWF-1000XM4は落としそうで、かなり注意が必要だと感じました。

持ちやすさ

次に持ちやすさを検証してみました。

  • ケースから取り出しときに、どっちが持ちやすいのか
  • イヤホンに装着するときに、スッと耳に馴染んでくれるのか

上記の2点に重きをおいて結論から言いいますと、「WF-1000XM4の丸い形状が、かなり持ちにくいし滑る!」という結果になりました。

ちから

ちなみに僕の手は乾燥気味の、小さめの手です。

AirPods Pro2はうどんの様な持ち手をしっかり持てるので、安定感と言いますか、特に何も心配せず保つことができます。

しかいWF-1000XM4はあただでさえ、取り出しにくくやっと取り出せたと思ったら丸い形状で、あやうく落としそうになりました。

僕の手が乾燥気味のせいもありますが、AirPods Pro2よりも明らかに持ちにくい。

持ち手があるのとないのでは、「こんなにも違うのか」と改めてうどんの持ち手の有難みを知りました。

丸い形状が仇となったWF-1000XM4(右)
ちから

ただ見た目はWF-1000XM4の方が個人的に好き。
このゴツゴツした感じとワンポイントに映える金のロゴと突起、マットブラックがより高級感のある佇まいにしてくれている。

操作性

結論から言うと…

WF-1000XM4の方が、アプリを毎回開くのは面倒だが、耳につけた瞬間に接続されるし、アプリ上で細かい設定できるので、個人的には操作面でストレスが溜まったことのないこっちの方が好きでした。

操作はiPhoneで行った感想を述べますが、iPhoneは何もしなくても一度設定さえすれば、自動的に接続され、iPhoneのコントロールパネルから簡単にノイズキャンセリングを行うことができます。

またAirPods Pro2からなのかは不明ですが、片耳だけでもノイズキャンセリングを行えるようになりました。

ながら聴きのとき、人と会話している最中や電話中などシーンは様々ですが、「片耳だけノイズキャンセリングできたら良いのにな」と思ったことがあるはず!

それが今回できるようになったのが嬉しいですね。

アクセシビティから設定できる

AirPods Pro2は音を細かく設定できない

AirPods Proを接続すると設定アプリに出てくる項目

またAirPods Pro2はiPhoneで細かく設定ができるようになっているのですが、音楽そのものを自分好みにカスタマイズはできません。

音楽を聴くのに設定できるの項目は以下の通り。

  • ANC・外音取り込み
  • イヤーチップ装着テスト
  • 適応型環境音除去
  • 空間オーディオ

ですので、音に関しては完全にAirPods Proに任せるしか方法がありません。

WF-1000XM4はアプリの立ち上げが面倒だが…

それに比べWF-1000XM4は、いちいちアプリ上で操作をしなければいけませんが、イヤホンをつけた瞬間に音声で「接続されました」とアナウンスが流れ、「電池残量○%」と追加で知らせてくれます。

ちから

電池残量を毎回知らせてくれるのはありがたい!

さらにアプリ上ではイコライザーなどの音の設定に加え、ノイズキャンセリングやスピーク・トゥ・チャットなどのオンオフなどの操作が比較的スムーズに行えるので操作においてストレスが溜まったことはありません

WF-1000XM4のアプリ設定画面

AirPods Pro2は万能型、WF-1000XM4はこだわり思考向けと言ったところでしょうか。

音質

まずはAirPods Pro2から試してみた
結論から言うと…

AirPods Pro2はクリアになったと謳っているが、前作とあまり変わっていない。

しかし低音はWF-1000XM4よりもしっかりと聞いており、より幅広いジャンルの音楽を楽しめるようになった。

WF-1000XM4はよく言うと万能型で、どの曲もクリアでに聴こえ繊細な音を引き出しくれる。

悪く言うと音に面白みがない。

AirPods Pro2はH2チップを内蔵したことで、これまでとは違うクリアな音と低音が強化したのが特徴となっています。

特別に設計されたドライバやアンプと連係し、鮮明でクリアな高音と深みのある豊かな低音を極めて忠実に再現。すべてのサウンドをかつてないほどあざやかに響かせます。

Apple公式サイトより

しかし個人的に感じたのは低音のときのみで、クリアな音に関しては前作とほぼ変わっていない気がします。

ちから

「今までなかった吐息や他の楽器が聴こえる!」と言っている人は、よほど耳がいいか、音楽を純粋に楽しめる人たちかな…。

僕もそれなりに音楽を楽しむ人ですが、個人的にはあまり変わりがないと思いました!

ですので、オンライン年齢チェックなどをして30歳以上の人は、僕と同じように感動は薄く感じるかもしれません。

WF-1000XM4の実力は期待通り

一方WF-1000XM4は、どんなジャンルの曲でもきちんとカバーしてくれる音質。

AirPods Pro2よりも明らかにクリアに聴こえ、1つ1つの音色を聴きたくなってしまいます。

ただ、後述しますがノイズキャンセリングはAirPods Pro2に比べ弱い。

単体で聞けば間違いなく、ノイズキャンセリングは強いですが、AirPods Pro2はそれをさらに上に行く進化を遂げています。

では、一体どれほどまでにノイズキャンセリングが進化したのか、次でWF-1000XM4と比べた感想をぜひその手で読み進めてください。

ノイズキャンセリング

両方のイヤホンを工事現場・電車・街中・家など様々なところで試してみたので、感じたことを書いています。

電車

結論:AirPods Pro2は完全に周りの音をシャットダウンし、自分の世界に連れて行ってくれる。WF-1000XM4はずっと聴いていても疲れにくいノイズキャンセリング。

電車内は非常にノイズが多いですよね。

ガタンゴトンとレールの上を走っている音・「次は○○駅〜!のアナウンス・人の話し声。

色々ありますが、AirPods Pro2はすべてを自分の空間に一気に連れて行ってくれます。

動画コンテンツ・音楽関係なしに、全ての音をシャットアウトしてくれて、鳴り響く低音でテンションをあげてくれます。

さらに嬉しいのは、ノイズキャンセリング時のこもった音が軽減しているように感じます。

ちから

ただ強力すぎて、アナウンスの音が聞こえないので、降りる駅に注意しよう。笑

ノイキャンは正当な進化を遂げていた

一方WF-1000XM4は、全ての音をシャットアウトせずアナウンスや電車が走る音は、聞き取れるか取れないかの瀬戸際くらいの位置。

AirPods Pro2のように自分に世界にどっぷりハマるわかではありませんが、強力なノイズキャンセリングなのにこもった感じはあまりなく、ずっと聴いていても疲れにくいと感じました。

ちから

アナウンスが鳴ったとき、そっちに意識すれば聞き取れるので降り忘れはないね!

工事現場

工事現場こそノイキャンの真の実力を試せる場所!

結論:ドロー。機械音はAirPods Pro2でも自分の世界に行くことはできなかった。騒音が鳴っていることが明らかにわかる。

機会音にはさすがにAirPods Pro2も敵いませんでした。

ガガガガガッ!ウイーンガシャン!とドリやショベルカーなどの音が、ノイズキャンセリングしていても聴こてきます。

またどちかというと、AirPods Pro2の方が音が大きく感じました。

あと振動も加わっているので、耳から聞こえているのか、それとも振動によって脳が「これはショベルカーの振動」と勝手に思い込み脳内再生されているのかわからなくなってきます。笑

しかし確実に言えるのは、目を閉じても音は聞き取れるので、少なからず脳の錯覚ということはないでしょう。

街中

結論:AirPods Pro2が優秀。

家では大きい声などは聴こえるか検証しました。

結論から話すと、話し声は少しこもって聞こえるものの、泣き声はハッキリと聞こえます。

泣き声はこもってではなく、ハッキリとです。「あ、泣いてるな。」と明らかにわかります。

AirPods Pro第一世代でもそうでしたが、人の話し声は結構聞こえるので、そこのノイズキャンセリングは弱い部分なのかもしれませんね。

話し声が聞こえるのは逆にありがたいかも

一方、WF-1000XM4はAirPods Pro2に比べ、人の話し声もしっかりとシャットアウトしてくれています。

話し声という点に置いては、WF-1000XM4が優秀な結果となりました。

まとめ

AirPods Pro第2世代
総合評価
( 5 )
メリット
  • 電車の音のノイキャン性能はかなり高い!
  • ノイズキャンセリングは第1世代に比べて1.3~1.5倍
  • 外音取り込み機能がかなり生声に近い状態になった
  • ケースもIPX4の性能で生活防水程度の性能がある!
デメリット
  • クリアな音質が向上したかは微妙
  • 人の話し声などはノイキャンレベルが弱い
AirPods Pro2が向いている人WF-1000XM4に向いている人
Apple製品を使い倒している
AirPods Proに満足していた
音楽はBGM程度に聴きたい
音質はそこまで重視していない
外に持ち運ぶ機会が圧倒的に多い
なるべく安く買いたい
でも性能は妥協したいくない
J-POPやクラシックなどクリアな音楽を好む

ちなみに、僕が選ぶならAirPods Pro2ですね。

持ち運びやすいちょうど良いサイズ感と、何よりもAppleとの連携が速くて便利で遅延もない。

ノイズキャンリング性能も聴いてわかる程度にアップしているので、結局AirPods Pro2が1番使いやすいんですよね。

毎日使い、持ち運びに適しているとなるとAirPods Pro2が圧倒的。価格は少々お高めですが、きっと満足のいくイヤホンとなること間違いなしです。

買って損なし!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

AirPods Pro2たけーよ!と思う人はこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

飽き性でよく模様替えをするガジェット・インテリア大好きなエンジニア。
デスク周りのガジェットから小さいインテリアまで幅広く記事で紹介しています。
SNSではブログで紹介していないガジェットやインテリアを載せたりしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次