\ 最大10%ポイントアップ! /

レビュー:ESR Geo Wallet Standは落としても安心なMagsafe財布だ

数々の便利な製品を生み出し、しかも手頃な価格なので様々な人に愛されるESR社。

今回また新たに「Appleの探す機能付き」のウォレットスタンド「ESR Geo Wallet Stand」がMakuakeにて先行販売されました。

実機を触らせていただきましたので、先行レビュー。

目次

ESR Find My MagSafe Wallet Standの評価

総合評価 3.8/5
使い勝手
3.5/5
持ち運びやすさ
4/5
価格
4/5
ESR Find My MagSafe Wallet Stand
¥(税込)
重さ:833g

筆者からの一言

ちから

スタンドとして使う分には申し分なし。ただ少し分厚くなるのがデメリット。

ESRウォレットスタンドのスペック

スクロールできます
カード収納枚数限度3枚
探す機能あり
接続方式Bluetooth
グリップ機能あり
角度調整無段階
素材レザー
カラーブラック・ブラウン
重さ833g(実測値)
価格
購入する

実際に使ってみた率直なレビュー

メリットデメリット
磁力が強い
探す機能で万が一も安心
無段階調整スタンドが便利
分厚い
カードの出し入れが若干しづらい
専用充電器が必要

磁力が強い

どこぞかわからないブランド製品を買うと、Magsafeの磁力が弱すぎて使い物にならなかった経験はないですか?

その心配は一切いりません。

磁力はかなり強力でMagsafe対応でないケースにつけても、しっかりと吸着してくれます。

指一本でも十分に支えてくれる

Magsafe対応のケースにいれると、強く振っても落ちる気配が全くない。

「ポケットから出したら外れてイライラする!」という苦い思い出は封印できます。

探す機能で万が一も安心

この手の財布はずっとつけておく人もいれば、外す人もいると思います。

僕は不必要なとき以外は外すタイプです。邪魔になりますからね。

で、やってしまうのが「どこに仕舞ったっけ?」問題。えぇ、僕はその手の人間です。

安心してください。Apple認定の探す機能で、簡単にみつけることができます。

設定方法

STEP
本体の起動

本体をひらくと電源ボタンがあるので、長押しをします。

「ティロティロティン♪」となったらOK。

iPhone本体の背面に取り付けます。

STEP
探すアプリの起動

画像垢枠の「その他の持ち物を追加」を押す。

STEP
「ESR HaloLock Geo Wallet Stand」の表示が出たら完了

画像のように表示が出たら、あとは名前とアイコンを設定した完了です。

これで忙しい朝にどこに仕舞っても簡単にみつけることができますね。

無段階調整スタンドが便利

スタンド機能をつけているにも関わらず、角度調整限度がある製品があります。

僕は声を大にして言いたい。

「なんでやねん!使いづらいわ!」と。

ESR Find My MagSafe Wallet Standなら無段階調整が可能なスタンド付きなので、ずっと付けっぱなしの人には嬉しい無断調整のスタンド機能で、スマホで動画も見ることができます。

無段階で調整できるはいい

社用携帯の連絡を見逃すわけにはいきまん。

PCと連携していなくても、もう大丈夫です。

このスタンドでPCの近くに置いておけば、連絡を見逃すことはもうありません。

分厚

さて、どんな製品にもデメリットはあります。

ESR Find My MagSafe Wallet Standも例外ではなく、1つ目のデメリットは分厚いこと。

カード6枚分くらいの厚みがあるので、ポケットに入れることを想定している人は少し邪魔になりそう。

カード6枚分の厚み

スーツを着ている人なら、胸ポケットに仕舞った方が無難でしょう。

それならそこまで目立ちません。

また重みもあるので、ポケットに入れると「邪魔だ」と感じる人が多いと思います。

カードの出し入れが若干しづらい

2つ目のデメリットは、カードが若干取り出しづらいこと。

下穴が空いているので、幾分マシですが収納枚数限度である3枚を入れていると、結構取り出しづらいと感じます。

この手も財布は「如何に実用的か。」が重要だと思っているので、カードを取り出しづらいと感じるのはかなりの痛手になりそうです。

おすすめの実用方法

カードは厳選した1枚を入れておくのがベスト。

取り出し時は、下穴から親指がめり込むくらいまで上に押し込んであげると、取り出しやすくなりますぞ。

ちなみに1枚だけのカードを収納しても、カードすっぽ抜けてしまうなんてことはないのでご安心を。

慣れれば苦ではないので、使い勝手には僕はそこまで不便さを感じませんでした。

専用充電器が必要

充電するには専用の充電器が必要となりますので、これが壊れたら使い物にならなくなる仕様です。

少しでも薄さを求めるならば、仕方のないことでしょう。

Tyoe-Cにしていたら、恐らくもっと分厚くなっていたと思います。

磁力でくっつく

この充電器の磁力も結構力強いので、少しの力が加わっても抜けそうにないのでまだ安心ですね。

近づけたらピタッと気持ちよく吸着してくれます。

まとめ

SR Find My MagSafe Wallet Stand
メリット
  • 磁力が強い
  • 探す機能で万が一も安心
  • 無段階調整スタンドが便利
デメリット
  • 分厚い
  • カードの出し入れが若干しづらい
  • 専用の充電器が必要

分厚いことや、カードの出し入れが若干しづらいのは残念点ではありますが、総合的には評価の高い製品でした。

キャッシュレスの時代ですし、無くしたらすぐに探す機能で見つけれる点がいいですね。

メインカードとスマホだけでお出かけもできちゃうなんて最高。

Apple Walletと組み合わせれば完璧ですね。

ではでは、今回はこの辺で…。

ただ今開催中のAmazonの無料キャンペーン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHERE

この記事を書いた人

インテリアとガジェットを嗜むアラフォー。
頻繁に部屋の環境を変えて、それを発信しています。平均月間5万人が訪れる個人ブログ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次