\ 最大10%ポイントアップ! /

レビュー:ESRの3in1 MagSafe充電器の性能があの有名メーカー超えてるのでは⁈

どうも、ガジェット・インテリア大好き ちから(@insNote_C)です。

iPhone15が発表されましたが、iPhone15ProMAXモデルがM2 MacBook Airの値段を超えるってことで話題になってますが、さすがに高すぎでは…と思う人も多いはず。

それはiPhoneに限らず充電器も同じ。

あの有名メーカーの充電器が人気ですが、お値段が2万円近くするので手も出せない人が多いですよね。

しかし、あのメーカーと充電速度などの性能は同じで3千円ほど安く(記事執筆時点)、かつMagsafe充電時の熱を抑えてくれる…そんな製品があったら欲しいと思いませんか。

それが「ESR 15W 3in1 MagSafe充電器」です。

この革新的なデバイスは、あなたのスマートフォン、スマートウォッチ、そしてイヤホンを同時に迅速かつ効率的に充電することができる、まさに時代のニーズを捉えた製品。

今回、送っていただきましたのでご紹介いたします。

この記事の著者

製品レビューやモノで暮らしを楽しくするために、閃いたことを当ブログで紹介しています。

この製品はESR様からご提供いただき作成しておりますが、忖度なくデメリットも書いています。

目次

ESR 15W 3in1 MagSafe充電器のスペック

項目詳細
製品名ESR 15W 3in1 MagSafe充電器
出力電力
(合計出力25W)
Magsafe:15W(最大)
Apple Watch:5W
AirPods:5W
充電ポート3(スマートフォン、スマートウォッチ、イヤホン)
充電技術MagSafe & Qiワイヤレス充電
冷却システムCryoBoost冷却ファン
対応デバイスiPhone, Apple Watch, AirPods等
付属品充電器本体
ACアダプタ
取り扱い説明書
価格¥17,499 税込
(記事執筆時点のAmazon価格)

ESR 15W 3in1 MagSafe充電器のメリットとデメリット

メリットデメリット
睡眠を妨げない設計がされている
Magsafe充電時にiPhoneが熱くなりにくい
充電しながらでもiPhoneを横向きにできる
Apple Watch充電器を別途刺さなくてもいい
価格
横幅を取る
デザインが有名メーカーに比べたら劣る

後述していますので、みていきましょう。

ESR 15W 3in1 MagSafe充電器レビュー

レビューは次のように書いています。

  1. 全体のデザイン
    • インテリア性も考えてみた
  2. 機能面
    • 冷却機能について
  3. 使い勝手
    • 残念なポイントも解説
  4. 総合評価

では、早速みていきましょう。

デザイン

シンプルかつモダンなデザイン。

少しゴツゴツしている見た目ですが、スタイリッシュな充電器ですね。

また、充電台がサラッとした質感で、素材は樹脂系を使っているので安っぽさはありません。

土台がシリコン系じゃないので、ホコリ取りも楽でいいですね。

支柱部分はアルミ性となっています。

支柱部分

またケーブルはType-Cになっており、活用しやすく なりました。

スクロールできます

インテリア性

現代の部屋では、ガジェットがインテリアの一部としての役割を担うことが増えています。

その中でも、「ESR 15W 3in1 MagSafe充電器」もインテリア性が問われます。

このシンプルかつ洗練されたデザインですが、ホワイトインテリアを基調としている部屋ならどんな場所にもマッチするでしょう。

黒ベースインテリアの場合、周りと馴染ますためには少し工夫が必要かもしれません。

デスクに設置した様子

その流線型のデザインは、モダンなインテリアにマッチするので、ガジェット感が多少でていてもスゥーっと馴染んでくれそう。

しかし、フラットな充電器ではなく高さがあるので、部屋全体のバランスを見ないとかなり浮いてしまいます。

ただ一気に3台充電できることから、別々に充電するよりも見栄えがかなり良くなるので、1つは絶対に持っていたい製品です。

全体的にシンプルな作りですので、インダストリアル・モダンなどクールな印象な部屋と合わせると、より馴染みます。

機能面

まず、この充電器の目玉となるのが、CryoBoost技術。

この機能は、デバイスの過熱を防ぐための冷却ファンを内蔵しており、長時間の充電でもデバイスが安定した温度を保つことができます。

これにより、デバイスの寿命を延ばし、安全性を高めることが可能。

CryoBoostを使用している様子

CryoBoostを使用していると当然ファンが回りますが、オフにする機能もついており、睡眠時に使用したい場合は切ることもできます。

CryoBoostのオフボタン

ただし、Magsafe充電の角度は調整することができないので注意が必要です。

動画を見てもオーバーヒートにならず安心感がある

総じて、「ESR 15W 3in1 MagSafe充電器」は、機能面で非常に優れた製品。

その多様な機能と革新的な技術は、他に類をみないので、家に1つ置いてみてはいかがでしょうか。

使い勝手

最後に使い勝手について。

ここでは使ってみて残念だったポイントも併せて紹介していますので、ぜひ読んでいただき、最終判断をしていただければと思います。

まず、裏面には滑り止めがついているので、これはかなり便利でした。

特にMagsafe充電をしているときは、磁力が強いので、取り外しの際に動いたりしますが、ESR 15W 3in1 MagSafe充電器はその点においては問題なく、動くこともありませんでした。

滑り止めがかなりしっかりしている

ESR 15W 3in1 MagSafe充電器の目玉である、CryoBoost機能についてですが、これは「無いよりもあった方が便利」と感じました。

例えば、動画視聴をしながら充電したいと思ったときに役に立ちますね。

手を当てると風がきているのがわかる

もちろん、通常時のMagsafe充電時にCryoBoostを使っても恩恵を感じることができ、充電終わった後にiPhoneを触っても熱くありませんでした。

残念なポイント

しかし、この充電器の機能面にもいくつかのデメリットがあります。

1つ目は、横幅を取ること。

Belkinのものに比べて、横幅が大きく、デスク上に置きたいと思っている場合は、それなりの大きさが必要になってきます。

140cmデスクに設置した様子

僕のデスクは140cmを使用していますが、結構な圧迫感があり、インテリア性がかなり損なわれます。(そもそもモニターが40インチと大型だから尚更)

Belkin製と比較

2つ目は、CryoBoost機能が動作する際に発生する音が気になるかもしれません。

扇風機の弱より少し小さいくらいの音がする

CryoBoostをオフにする機能もありますが、オフにすると一般的な高速充電機能のついているアイテムになりますので、価格が高めのこちらを使用する意味はないかと思います。

安いのが欲しい方はこちらがおすすめ

上記で紹介している製品は、約1万円ほど安いのに、CryoBoost機能がついています。

ただし、Apple Watch充電器は別途用意する必要があります。

総じて、ESR 15W 3in1 MagSafe充電器は横幅が大きく、デスク幅に置くにはインテリア性が損なわれる可能性と、CryoBoost機能の動作音が気になるかもしれない点をお伝えしました。

しかし、動画視聴しながら充電する人にとっては、かなり役に立つ製品となっていますので、PCよりもスマホ派の人はぜひ使って欲しい製品。

ESR 15W 3in1 MagSafe充電器まとめ

ESR 15W 3in1 MagSafe充電器
メリット
  • 睡眠を妨げない設計がされている
  • Magsafe充電時にiPhoneが熱くなりにくい
  • 充電しながらでもiPhoneを横向きにできる
  • Apple Watch充電器を別途刺さなくてもいい
デメリット
  • 価格がお高め
  • 横幅を取る
  • デザインが有名メーカーに比べたら劣る

「ESR 15W 3in1 MagSafe充電器」は、他に類を見ない機能をもった素晴らしい製品。

CryoBoost冷却ファンと調整可能なMagSafe充電角度といった革新的な機能が、デバイスの寿命を延ばし、使い勝手を向上させてくれます。

一方で、動作音やインテリア性、価格設定がいくつかのデメリットとして挙げられますので、総合的な判断としては充電中に動画視聴するか否かで決めるといいでしょう。

ではでは、今回はこの辺で…。

ただ今開催中のAmazonの無料キャンペーン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHERE

この記事を書いた人

インテリアとガジェットを嗜むアラフォー。
頻繁に部屋の環境を変えて、それを発信しています。平均月間5万人が訪れる個人ブログ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次