ご自慢の製品をレビューさせてください。お問い合わせはこのバーをクリック。

WWDC22のOSについてのまとめ【画像付きで分かりやすく解説】

  • URLをコピーしました!
ちから

ちから(@insNote_C)です。

今期のWWDC22はリアルタイムで見ようと思っていましたが寝てしまった。

発表されたOSについてまとめます。

個人的に嬉しいのはWatch OS9。健康に関する機能が追加されたので、これは気になる。

他にも良い機能が盛り沢山でしたね。早速見ていきましょう。

目次

iPhone向け iOS16

対応機種iPhone 13シリーズ全機種
iPhone 12シリーズ全機種
iPhone 11全機種
iPhone Xシリーズ全機種
iPhone 8シリーズ全機種
iPhone SE(第2世代以降)
いつアップデートできるか2022年秋頃

2022年秋頃に登場予定であるiOS16。

ロック画面の変化

Apple Watchのコンプリケーションからインスピレーションを得たウィジェットを配置できるようになります。

これによりスケジュールなどをロック画面に設定することができ、ロックを外さなくてもすぐに確認することなどが可能をなっています。

ロック画面のウィジェット表示

ロック画面にウィジェットを表示できる。
メッセージに削除、編集、復元、会話の未読などもできるようになる。

iCloud共有ライブラリ

iCloud共有写真ライブラリは、最大6人のユーザーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる独立したiCloudライブラリで、家族に写真をシームレスに共有できます。

個人ライブラリから既存の写真を共有したり、共有を開始する日または写真に写っている人をもとに共有することが可能。

また、カメラアプリケーションの新しい切り替え機能を使って、共有ライブラリに写真を自動的に送信するように選択することもできるようになります。

共有写真ライブラリのすべてのユーザーは、共有する写真やビデオを追加、削除、編集したり、お気に入りに追加でき、これは各ユーザーのメモリーとおすすめの写真に表示されるようになります。

iCloudで写真共有をしていれば、家族写真などを共有しているユーザーが追加、削除、編集ができる。

メッセージの編集や削除

メッセージでは相手の既読がつかなければ、取り消しや削除ができるようなます。

更には編集、復元、会話の未読などもできるようになるだそう。

相手の既読がついていないことが前提だが、取り消し・削除・編集ができる。

Apple Payで後払いや注文追跡機能

Apple Payで後払いは4分割にできるようになる。

さらにApple Payで注文の追跡している業者でApple Payで購入すると、詳細のレシートと注文情報をウォレットで受け取ることができるようになるという。

分割払いと注文追跡ができるようになった。

iPad向け iPad OS16

対応機種iPad Pro全機種
iPad Air 第3世代以降
iPad 第5世代以降
iPad mini 第5世代以降
いつアップデートできるか2022年秋頃

ステージマネージャ

マルチタスクで様々なことを簡単にこなすことができる機能が追加。

これまでiPadのウィンドウサイズを変更することができませんでしたが、このステージマネージャにより、好きなサイズのウィンドウに変えることができます。

アプリの切り替えもワンタップするか、マウスやトラックパッドを使ってクリックすれば、できるようになります。

つまりMacと同じような感じにできるようになるということ。

アプリのグループをつくれるようになります。

アプリの配置を調整したり、サイズの変更ができるようになります。

また複数アプリを重ね合わせて管理しやすいグループアプリの作成ができるようになります。

外部ディスプレイにiPadに表示されているものが映るようになります。ただしM1チップを搭載しているiMac・MacBookが必要となるので注意。

またiPadのファイルやアプリを外部ディスプレイにファイルやアプリをドラック&ドロップすることができます。これはiPadから外部ディスプレイ、外部ディスプレイからiPad両方どちらでも可能です。

メッセージの強化

iOSと同じくメッセージの取り消し・編集を行うことができます。

iCloudの写真共有

これもiOS16と同じ機能。

iCloudで写真共有をしていれば、家族写真などを共有しているユーザーが追加、削除、編集ができる。

共同作業アプリ

共有しているユーザー同士であれば、メモ・ファイルを共有することが可能。

またウェブリンクや書類、ビデオやオーディオも挿入することが可能をなるのだそう。

招待機能を使えば、メモやファイルの共有ができ、メモの表示もリアルタイムで表示されるようになる。

Apple Watch向け Watch OS9

対応機種iApple Watch Series 4
Apple Watch Series 5
Apple Watch SE
Apple Watch Series6以降

(いずれも「iOS 16」以降を搭載したiPhone 8以降が必要)
いつアップデートできるか2022年秋頃

新しい文字盤

文字盤をアップデートし、新しくルナー・プレイタイム・メトロポリタン・アストロノミーの4種類を追加します。

ランニングフォームメトリクス

Apple Watchが搭載するジャイロセンサーや加速度系などを利用し、歩幅の速さ・足裏の設置時間・上下の動きの3つのデータを測定することができるようになります。

これはヘルスケアアプリに表示されるようになり、ランニングフォームの改善に役立てることができるようになるという。

心拍数ゾーン

心拍数範囲という機能で自信の心拍数の設定をできるようになるのだそう。

これを設定しておくと、運動中に休憩を促され一定数の心拍数になれば、再開可能をいう表示がされるようになる。

またデジタルクラウンを回して様々な情報への切り替えが可能になります。

いつものコースの把握

いつも同じコースで走っている人に向けて、自己タイムベストか前回の記録のどちらかを設定でき、そのペースよりも早い、またはコースから外れているとなるとWatch上に通知してくれるようになる。

心房細動の履歴

心房細動と診断された人に対して、FDA認可の心房細動履歴機能を有効にする機能もサポート。

睡眠段階

睡眠記録に新しく睡眠ステージを追加。

睡眠の質を向上させるために睡眠の情報を記録し確認することができます。

また睡眠トラッキングが強化。レム睡眠・コア睡眠・深い眠りなど睡眠ステージのチェックが可能となるそうです。

Mac向け macOS Ventura

対応機種iMac(2017以降)

Mac Pro(2019以降)
iMac Pro(2017)

Mac mini(2018以降)

MacBook Air(2018以降)

MacBook(2017以降)

MacBook Pro(2017以降)
いつアップデートできるか2022年秋頃

スポットライト

写真アプリ、メッセージアプリ、メモアプリ、Finder、ウェブにある画像を、スポットライトから探せるようになります。

テキスト認識表示を使えば、画像内のテキストをもとに画像を検索することもできるだそう。

まらほかのユーザーとお気に入りのサイトを共有できるようになります。

これは共有タブを使用することで、再起動せずにウイルスの攻撃耐性をさらに高かめることになるだそう。

ステージマネージャ

iPad OS16と同じ機能のステージマネージャを使えるようになる。

連携カメラ

iPhoneをWEBカメラとして使えるようになります。

iPhoneをMacに近づけるだけで、カメラからの入力が自動的にiPhoneに切り替わります。

ワイヤレスで機能するようになっておりケーブルは必要としませんが、専用のマウントが必要となります。

取り付けには専用マウントが必要

これはMacBook製品でも使用可能。マウントのBelkin社が制作すると言われています。

超広角カメラでセンターフレームに

iPhoneの超広角カメラを使えば、どのMacでもセンターフレームを活用。

ビデオ通話中やミーティング中に動き回っても、常にカメラフレームの中央にあなたが映し出されるようになります。

メールの取り消し機能

メールを取り消したり、予約送信が可能に。

リマインダーを設定し、情報量の多いリンクを追加できるようになります。

また検索機能では、文字を途中まで入力すると候補で表示してくれるように。

その他の機能

iOS16と同じくメッセージの取り消しや編集、ステージマネージャ、iCloud写真の共有と編集などが行えるようになります。

まとめ

iOS16の対応機種

対応機種iPhone 13シリーズ全機種
iPhone 12シリーズ全機種
iPhone 11全機種
iPhone Xシリーズ全機種
iPhone 8シリーズ全機種
iPhone SE(第2世代以降)
いつアップデートできるか2022年秋頃

iPad OSの対応機種

対応機種iPad Pro全機種
iPad Air 第3世代以降
iPad 第5世代以降
iPad mini 第5世代以降
いつアップデートできるか2022年秋頃

WatchOSの対応機種

対応機種iApple Watch Series 4
Apple Watch Series 5
Apple Watch SE
Apple Watch Series6以降

(いずれも「iOS 16」以降を搭載したiPhone 8以降が必要)
いつアップデートできるか2022年秋頃

macOS Venturaの対応機種

対応機種iMac(2017以降)

Mac Pro(2019以降)
iMac Pro(2017)

Mac mini(2018以降)

MacBook Air(2018以降)

MacBook(2017以降)

MacBook Pro(2017以降)
いつアップデートできるか2022年秋頃

それぞれの対応機種をしっかりと確認し、アップデートをするものがあれば備えましょう。

ちなみにmacOS Venturaは2022年秋頃より提供を開始するがベータ版になるので、アップデートを行う際は自己責任となります。

バックアップをしっかりとってから行うことを強くおすすめします。

お願い

ちから

僕のTwitter@insNote_Cでは、珍しいガジェット製品や王道製品、デスク周りや部屋のインテリアまで幅広く投稿しています。是非フォローを宜しくお願いします!

ぽちっとしていただけると幸せです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローお待ちしております。

インズノート | 僕、最強だから。 - にほんブログ村

愛用品を投下中。

プロモーション

WordPressテーマ「SWELL」

17,600円(税込)

圧倒的な使い心地を追求しているWordPressテーマ。ブログはもちろん、コーポレートサイトも簡単に作成が出来ます。ブロックエディター完全対応。一回のお支払いでOK。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット大好き30代。
デスク周りのガジェットからインテリアまで幅広く紹介しています。
SNSではリアルタイムで買ったよかったものを発信しています。

コメント

コメントする

目次
トップ
目次
閉じる