\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

【レビュー】SHURE AONIC50の音質最高だけど、ここが残念だ

  • URLをコピーしました!
ちから

ちから(@insNote_C)です。

ジェットブロガーが絶賛おすすめしているWH-1000XM4と悩みましたが、ついにSHURE AONIC50を購入。

両者のレビューをたくさんみて、「SHUREの方がいい音を出せる」とレビューがあったのが決め手です。

結果的に音には大満足。

ですが、「ここだけは本当に残念だ。」と思うところがありました。

結論から話すと「重さ」です。これが僕には結構なマイナスポイントになってしまった。

そこも書きながらレビューしていこうと思います!

目次

SHURE AONIC50レビュー

まずはメリット・デメリットを以下にまとめました。

メリットデメリット
音質のバランスがいい
NC・外部音取り込み機能は十分
高級感がある
重たい
ロックなどハードな曲をよく聴く人

では1つずつ説明していきますね。

音質はバランスがいい

締まった低音域、だけど高音域もしっかりとれるバランスが良い音。

まさに「音楽を聴くためだけにあるヘッドホン。」

SHURE AONIC50には内蔵アンプがついているのが特徴。

この内蔵アンプの設定にはコツがいるみたいで、素人なりに探してみるとまさかのAmazonレビューに良いことが書いてました(下画像)。

最高の音質にする手順

Apple製品でもハイレゾは可能

SHURE AONIC50はTyoe-C接続と3.5mmイヤホンジャック接続の2種類あります。

Tyoe-C接続はUSB接続すれば、充電兼ハイレゾ音声の設定が可能です。

やり方は以下の通り。

Finder→アプリケーション→ユーティリティ→Audio MIDI→SHURE AONIC50を選択→フォーマット→32bit 384kHを選択

ちから

ただ、僕はハイレゾ音声で聴かなくても十分いい音を拾ってくれます。
そもそもハイレゾを聴き分ける人は少ない気がします。

ノイズキャンセリング・外音取り込み機能は十分

まずノイズキャンセリングですが、静寂。

ノイズを強制的にシャットダウンするので、どうしても「詰まった感じ」がする製品が多い中、これには驚きました。

SONY WH-1000XM4もノイズキャンセリングは最高だと色々なところで聞きますが、さすがSHURE。

静寂すぎる。時が止まっていて音楽だけが耳に流れてくる。

ちから

ずっとAirPods Proで音楽を聴いていたけど、初めて「こんなにも違うものなのか。」と実感しました。

アプリでノイズ性能をノーマルから最大まで選べるのも嬉しいポイント。

飛行機の音もかき消してくれます。

ただし欠点もある

しかしノイズキャンセリング性能を最大に設定して聴いてみると、どうも音が籠ったような音になります。

音が減衰しているのがわかります。ですので、解決方法はNC性能をノーマルにすること。

こうすることで、音が籠った感じはなくなりました。

ノーマルでも十分に性能は良いので、設定はノーマルですることをおすすめします。

SHUREアプリではファームウェアアップデートでNC性能は改善されていってます。
さすがに最大限まで上げると、音がこもりますが以前より改善されていますので、今後に期待。

見た目はヘッドホン界のBMW

WH-1000XM4はシンプル。悪くいうとちゃっちく見えてしまいます。

SHURE AONIC50はアルミフレームが高級なことを物語っています。

万人受けするデザインではないかもしれませんが、見た目だけで買ってしまいそうなデザインですよね。

ヘッドホン界のBMW。

重い

【音源良し、NC性能よし】で最高なヘッドホンなわけですが、「重たい」というのが残念。

公式で記載されている重量は334g。

物で例えると、350mlのビールよりも軽いってこと。

「これだけの性能があって重さも軽い!」と他の方のレビューでも書かれているので、本来は相当軽く設計されているんだと思います。

ちから

でも僕はこの重さには慣れませんでした。

耳にずっと当てていると、なんだか疲れてくるんですよね。

大体2〜3時間くらいつけていると疲れてきます。

僕は基本的に夜にしか使わないので、音楽や映画で使っています。

時間もちょうど2〜3時間程度。

でも一度「重い」と感じてから、耳につけるとそれが伝わってくるんですよね。

ですので、一発目に「それほど重くないやん」なんて思った方は不快感なく、つけれるでしょう。

人生初めてのヘッドホンなので、平均して軽いか重たいかなんてわかりませんが、残念ポイントです。

ロックなどハードな曲を好む人には不向き

SHURE AONIC50はいい音を出してくれるとお伝えしました。

しかしバランスの良い音であり、フラットな音です。

ロックな曲を好む人には低音が物足りなく感じるでしょう。

ちから

僕は元々バンドをやっていましたが、実際低音は物足りなさを感じました。

ですので、解決方法は別途アンプを用意することです。

低音を調節できるアンプなどを購入し、調節しましょう。

僕が使っているのはこれです↓

最終的に「買い」なのか?

文句を言っておきながら「買う価値はあるのか?」と問われると「買い」です。

理由は以下。

  • SHUREという音響業界が作り出したヘッドホンの音質だから(安心感)
  • NC性能などの多少の不具合はファームウェアアプデで治る可能性が高いから(お得感)
  • 見た目がとにかくカッコいいから(優越感)

SHUREという音響メーカーのブランドなので、音質には安心感があります。

NC性能を最大限に上げると音が少しこもるなど、多少の不具合はありますがアップデートで治る可能性は高い。

またこの見た目の購入感はSONYには出せない魅力を持っています。

ちから

デスクに置くなら、見栄えの良いものを置きたいですもんね!

まとめ

  • 音質の良さ
  • NC性能の良さ
  • 「買い」に値する品物なのか

ということを書かせていただきました。

発売から時間が経過していますので、安くで買えます。

Amazonでは新しく販売されたWH-1000XM5よりも1万円ほど安く買えますのでおすすめです。

これを気に「聴いたことがない音源」をぜひ体感してみてはどうでしょうか?

あなたにとって素晴らしい音楽ライフになりますように。

Amazonギフト券でチャージして買い物をしよう。

チャージ額に応じてポイント還元率が高い。最大で2.5%還元されます。
Amazonをよく利用する方なら、年間で数万円お得になる可能性もあります。

Amazonギフト券のポイント還元率

一回でのチャージ金額プライム会員通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

飽き性でよく模様替えをするガジェット・インテリア大好きなエンジニア。
デスク周りのガジェットから小さいインテリアまで幅広く記事で紹介しています。
SNSではブログで紹介していないガジェットやインテリアを載せたりしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次